Our Dream 02

Profile

佐藤 桃夏 SATO MOKA
音楽療法士 介護課

特別養護老人ホーム高寿園では、入居者さんの口腔機能の維持・向上を目的として行っています。しっかり歌うことで、舌や頬、喉の筋肉を強くしたり、口腔体操を取り入れたセッションプラン(音楽療法案)を立て、口腔機能の維持を図り誤嚥性肺炎の予防に努めています。その他にも歯科衛生士さんの仕方の指導を受けたり、「パタカラ体操」(発声練習)などを行うことで、口腔機能を効果的に上げていけるよう取り組んでいます。音楽療法では主に集団音楽療法と個別音楽療法を行っています。集団音楽療法は2ユニットで1ヵ所に集まってもらい行っています。個別音楽療法は特に誤嚥のある方、嚥下が悪い方など口腔機能の低下が見られる方を対象に、マンツーマンで30分から1時間程度行っています。また、始まる前に口腔ケア(歯磨き、口腔体操、発声練習、唾液腺のマッサージ)を行い、より効果が出るよう努めています。

高寿園に入職したきっかけ

高校生の時に音楽療法士になりたいと思い、音楽療法士の資格を取るために音楽大学へ進学しました。音楽療法の対象年齢は乳幼児から高齢者の方まで幅広く、健常な人から重度の障がいがある人まで様々ですが、私は人と関わることが好きであり、また小さい頃から音楽と関わることが1番多かったので自分に合う仕事だなと思い、音楽療法士になろうと決めました。卒業後は津山市内の病院で音楽療法士として働いていました。介護をしたり、デイサービスでリハビリ助手や送迎、事務をしたりと音楽療法以外にもいろんな経験をさせていただきました。
そんな時、「高寿園で音楽療法を立ち上げるのですが、力を貸してくれませんか?」というお話をいただきました。立ち上げに関わることで自分が成長でき、自分の資格を活かすことが出来ると思い、前職場を退職することを決意し、2019年の9月に高寿園に入職しました。

施設の雰囲気について

高寿園に初めて来たとき、外観・内観共に綺麗だなという印象が強かったです。職員同士の関係も良く、施設長、事務局長をはじめ、介護支援相談員、作業療法士、相談員、管理栄養士など多職種が事務所に滞在しているので、分からないことがあってもすぐに連絡や相談、報告が出来るのがとても心強いです。
音楽療法を始めたころは、あまり馴染みがないので「何が始まるん?」と入居者さんは不安な表情をされていましたが、現在は「今日は(音楽療法)するん?」と話かけて来て下さる入居者さんもいて、慣れてきてくれたんだなと感じています。

音楽療法の効果とは?

音楽療法では歌う前に15分から20分程度の準備体操、口腔体操、唾液腺のマッサージ、発声練習を行い、より良い効果が出やすいように工夫しています。また、歌を歌うことは口腔機能の維持だけでなく、認知症の方にも効果的なんです。例えば、それぞれの歌に関するエピソードをお話したりして話を広げ、長期記憶の刺激をしたり、認知症の方の中では今日が何月何日なのかや季節感が分からない方もおられるので、季節に沿った曲を歌い、今の季節を認識していただいています。
特に音楽療法で大事なことは、始まりの歌と終わりの歌をそれぞれ同じ曲にすることです。特に高齢になってくると頭の中を瞬時に切り替えることが難しいと言われているので、それぞれの歌が流れたら「始まったんだな」「終わりなんだな」と認識してもらえるように気をつけています。

お仕事のやりがいについて

最近、音楽療法の効果が出た入居者さんがおられました。
個別音楽療法を始める前は、いつもぼんやりしていて自ら発言することが少なく、食事摂取量も少なく、体が斜めに傾き、口腔機能の低下が見られていた方が、音楽療法を継続的に行っていくうちに自ら昔の話をして下さったり、姿勢も良くなり、食事摂取量が増え、声も大きくなりました。職員の方からは「あの入居者さん、変わったね」と言ってもらうことができ、とても嬉しかったです。一人でも多くの方が音楽療法を行うことで効果が出ると嬉しいですし、音楽の力を実感することが出来ます。また、音楽療法について少しでも沢山の方に理解してもらえたらいいなと思います。

今後の目標について

今後の目標として、まず仕事面ではもっと介護や口腔面での知識を身につけて、入居者さんのニーズに合わせた効果的なプランを作れるようになりたいと思っています。例えば口腔機能を刺激するようなプランを立てたり、認知症の方の認知機能の低下を防ぐために長期記憶を刺激したり。入居者さん一人ひとりのことをしっかりと把握して、1人でも多くの方に効果が出るように精進します。入居者さん全体のQOLと口腔機能の向上を目標にします。
プライベート面では、もっと歌が上手くなりたいのでボイトレに通ったり、楽器演奏を上達するために、ギターのレッスンを受けたり練習しています。また、一般団体の音楽隊に入っているのですが、この間の演奏会では、ソリストとして歌わせて頂きました。
練習はしんどいですけど、最近は練習していたら「あ、うまくなったな」と思える瞬間が増えてきました。それを感じられる時は幸せですね。しんどくても幸せな瞬間が必ずあるので、小さい時からそれを糧に頑張って来れました。

未来の仲間に向けたメッセージ

とにかく、何においても挑戦してほしいです。「石の上にも3年」という風に、前の職場では3年程勤務してやっと周りが見えてきたので自分が決めた道に踏み込んだらまずは3年頑張ってほしいです。あと、前もって勉強したり、知識を身につけておくことが大事だと思います。実際に現場に入ってみないと分からないことも沢山あり、初めは大変だと思いますが、年数を重ねるごとに色んな発見ができ、職員同士の良い関係も築くことが出来るので面白くなってくるはずです。

1日のスケジュール

Oneday Schedule

休みの日はボイストレーニングやギターのレッスンを受けて、歌や楽器の練習をしています。天気が良いと、いろんなところに出かけて体を動かすことも大好きです♪

キャリアパス

Career Path

入社からこれまでのキャリアパス。

他の事業所で介護職員等として勤務後、
音楽療法士として高寿園に転職
●1ヵ月目
デイサービスにてお試し的に音楽療法開始。
●3ヵ月目
特養にて音楽療法開始(個別音楽療法・集団音楽療法)ケースカンファレンスに出席する。
●6ヵ月目
歯科衛生士と連携して、音楽療法を活用した口腔機能の向上にチャレンジ。
●1年目
音楽療法の効果を確認しつつPDCAを意識してプラン作成。
●3年目~
ニーズを引き出し、音楽療法で効果を出せるようになる。

みんなの夢百科

Our Dream

よくある質問

Q&A

PageTop