プライバシー保護に関するガイドライン

(1)居室に入室する際には、必ずチャイムを鳴らし声掛けを行う。

(2)入居者の私物および、タンスなどの開け閉めに際し、入居者本人に確認をとる。

(3)見学者などの訪問に際しては、入居者の同意を得て、居室へ案内する。

(4)入居者の個人情報を外部(第三者)に漏らさない。

(5)入居者自身が落ち着いて一人で過ごせる空間や環境の整備に努める。

(6)プライバシー保護のため、居室に個人の空間を整備すると共に常に居室のドアは閉める。

(7)食事・入浴・排泄などの介助の際、下記の点に留意し、プライバシー保護に努める。

(8)入居者間のトラブルについては、当事者及び周囲の入居者に十分配慮し、解決に努める。

(9)入居者およびその家族より、申し出があった場合には、訪問に際しての制服の着用、使用する車の外観などに留意し、心理的不安や苦痛に配慮する。

(10)個人情報の取り扱い及び守秘義務については「個人情報保護規程」に基づき,職員及び退職した者についてもこれを遵守する。

(11)ボランティア、実習生、見学者 の受け入れに際し、プライバシーの保護・守秘義務について方針を示し、遵守励行を確認する。

(12)共同利用方式の電話を設置している場合には、プライバシーを守る配慮を行う。

(13)入居者、その家族に関しての手紙や電話などについては、通信の秘密を守る。

(14)職員に対し、プライバシー保護に対しての基本方針について研修を実施し、周知徹底を図る。

(15)プライバシーを保護するにあたり、建物、設備、その他の環境についてもその都度、改善に努める。

社会福祉法人 津山福祉会

PageTop